採用情報

我が社の強み

弊社の最大の特色は、「変化対応型スピード経営」。
「フラットな組織」と「グループ経営」
迅速な意思決定を可能にする「フラットな組織」

弊社では、どれだけ大きな組織で
あっても、常に社長を含め5つの
階層以下で形成すべきだと考えて
おります。
このフラットな組織形態により、
より迅速な情報収集と伝達、意思
決定が可能になります。

役員・統轄

課長

係長

一般社員

1,000社の企業群による「グループ経営」

弊社は、特定の業界に強い影響力を持つ企業、特定の商品・サービスに
強みを持つ企業、特定の地域においてブランド力と顧客基盤を持つ企業、
など、それぞれにおけるナンバー1企業と協力し、独立した法人を立ち
上げ、それぞれの会社の経営陣たちが直接リアルタイムに様々な
経営課題に対して経営判断をしています。

現在、連結子会社及び持分法適用会社約200社、出資先、
合弁・提携先などの関係会社を含めると約1,000社の企業群で
構成されており、このように、本当の意思決定ができる
1,000名の社長や経営陣がいることが、グループ経営のスピードを
大幅に向上させているのです。

「若さ」と「グローバル」

光通信グループでは、未知なる可能性を持つ若い人材や、様々な考え方を持つグローバルな人材を積極的に登用することで、
意思決定のスピードやあらゆる変化に対する柔軟性を保っています。

若い力・未経験者が活躍

平均年齢27歳、最年少役員27歳 「たとえ若くても、優秀な人は必ずいる。
要は任せるか任せないかだけである。」
この言葉にある通り、弊社では年齢に
関係なく、成果を上げた従業員に正当な
報酬と大きな権限を与えています。
実際にグループ企業の社長として、
続々と若い人材を抜擢しています。
若いエネルギーがあるからこそ、
常にチャレンジができ、スピードがあり、
変化にも強いのです。

現場に配属されるほとんどが未経験者 弊社では未経験者が活躍できる環境が整っています。現場に配属される
ほとんどの従業員が未経験者です。そのような未経験者の従業員でも
安心して活躍できるように現場配属前に一から商品研修を行う等、
様々な教育システムが整備されています。また、従業員が業務を行う上で
不安に思った事など気軽に問い合わせの出来る「従業員相談窓口」を
設置する等、従業員のフォロー体制が整っています。

20代・30代が全従業員数
(アルバイトも含む)の
86%を占めており、やる気と
活気にみちた環境

学歴に関係なくチャレンジできる環境

学歴も問わないので、中卒、高卒、大卒など、
様々な学歴の方が活躍しています。
執行役員以上の学歴を見ても、東大、早稲田、慶応、海外の大学、
高卒、中卒など、幅広い学歴の方が活躍しており、その様なことが
一切問われない環境があります。

役職名最終学歴人数
取締役 高卒 9名中3名
執行役員 高卒 31名中4名
部長 高卒 91名中18名

(2009年1月現在)

以上のように、若い力を中心としながらも、年長者の方々の経験、
様々な文化や生い立ち、国籍、学歴などが入り混じり、融合しながら、
一切の差別がない実力主義の環境の中で、適材適所を実現し、
それぞれの強みを最大限発揮していくことで、新しいDNAを創りだして
いき進化していく・・・このような一切の固定概念に捕われない
考え方こそが、弊社が変化に対する強さを維持しつづけられている
秘訣なのです。

年長者の方でもチャレンジできる環境

弊社では他の会社で成功を収め、一時代を築き定年退職したような方も
現役の戦力として雇用しています。現役の戦力ですので、当然報酬も
現役社員と何ら変わりありません。一例として、70代の方に事業責任者として
数千万円の報酬を支払っています。

性別や国籍なども一切関係ありません

弊社における従業員の女性比率は42.6%(2009年3月時点)を占めており、
課長クラス以上の責任者の数も年々増加傾向にあります。
また、国籍についても一切問わないため、様々な国の方々が
在籍しており、実際に活躍しております。

「データベース」

日本最大級600万件の中小企業データベースを持ち、そのデータベースに基づいて効率の良い営業を展開しています。

日々蓄積される顧客データベース

このデータベースは、毎日約18,000名のコールセンターや訪問販売の
営業従業員や顧客フォロー担当が、日々の活動を通じて様々な情報を
データベースに反映しており、そのデータをコンプライアンスなどの
問題をクリアしつつ、グループ内で共有できるようにしているので、
毎日稼動すればするほど、データベースの情報も積みあがっていき、
さらにユーザーニーズに合った、よりきめの細かい効率的な営業活動
を可能にしています。

顧客データベースを基にした効率的なリスト戦略

法人ユーザーとは毎月約30,000件の契約業務、個人ユーザーとは
毎月30万件の契約業務を行っていく中で、法人ユーザーに対しては
その後、毎月請求書を発行する約70万社のアクティブユーザーを保有し、
個人ユーザーはついては約600万件のアクティブユーザーを保有して
おりますので、新規営業だけでなく、ここ数年は、これらのデータを
利用しての既存顧客に対するクロスセリングが飛躍的に伸びてきており、
この部分が弊社の大幅な利益の底上げにつながっています。

社内情報共有の徹底

この他にも、社内情報共有ポータルサイトや、各事業部ごとの
イントラネットを設け、現在の各商材毎の営業マンランキング、
最新のセールストークなどの各種マニュアル、新戦力情報、
新サービス・新商品情報、新しい合弁企業情報、グループ内の様々な
最新情報、リスク情報、徹底事項などから、普遍的な理念や考え方、
知識、戦略までを、リアルタイムにweb上で更新し共有することで、
経営のスピードを早めています。